Daytrader

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.23[水] 大証が東工取に経営統合打診へ

 大阪証券取引所が、国内最大の商品取引所である東京工業品取引所に経営統合を打診する意向を固めたことが22日、分かった。政府が閣議決定した新成長戦略の中でも、証券、金融、商品の総合取引所を平成25年度までに創設する具体策が盛り込まれている。大証は先手を打って、同構想の軸になることを目指す構えだ。
 大証はすでに水面下で、東工取を所管する経済産業省や金融庁とも協議をしている。東工取にも大証側の意向は伝わっているもようで、近く大証の米田道生社長と東工取の江崎格社長の会談が行われる見通しだ。
 しかし、政府の総合取引所構想は、東京証券取引所を中心とすることを前提にしている可能性があり、大証関係者は「規制監督官庁も複数にまたがっており、交渉はかなりハードだ」と指摘する。
 大証は、日経平均先物などのデリバティブ(金融派生商品)の取引高では国内の全取引所の中で首位。同じデリバティブである商品先物は扱いやすいとみられている。また、大証はデリバティブで来年1~3月に、米ナスダックOMXグループの新システムを導入することにしているが、東工取も同じシステムを使っており、統合には有利な条件となっている。
 国内の商品取引所は東工取、東京穀物商品取引所、中部大阪商品取引所、関西商品取引所と4つあるが、規制の強化で取引は低迷し、いずれも経営の悪化は深刻。国内最大の東工取でも2期連続の赤字だ。
 中部大阪商取ははすでに解散が確実な状況で、東穀取も来年1月には東工取とシステム統合することが決まっているが、商品先物会社から解散を求める声が上がっている。商品取引所は経営基盤の強化が急務になっており、大証は関西商取も傘下に入れる構想を描いている。


産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100623/fnc1006230200001-n1.htm

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

プロフィール

管理者 でいとれーだー
メール chef.daytrader@gmail.com

Copyright © でいとれーだー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。